Y121516 の大館お役立ち日記

秋田県大館市での生活

“キー”も“ボード”もないウェアラブルキーボード「Tap」


You wear this keyboard like brass knuckles

現在の標準的な入力デバイスには以前から不満があります。

物理的なキーボードは、非人間的な入力デバイスです。 タイプライター由来の意味不明な配列、肩こりを引き起こす形、置くだけで邪魔、持ち運びに不便な大きさ重さ。 非常にいやですね。

タブレットスマホのキーボードにも不満があります。QWERTY配列にせよ、フリック入力にせよ誤タッチ頻発です。 物理的なキーボードには F キーと J キーに出っ張りがありホームポジションを維持できるように多少工夫されていますが、 タッチパネル上でホームポジションを維持するのは無理です。タッチパネルに表示されたキーに出っ張りはありません。 目視でホームポジションに指を置くと、それが入力になってしまいます。 常に手を浮かせておくことを強制されます。なんて非人間的なんでしょうか。

以前、妻に入力デバイスのアイディアとして「指点字」をあげたことがありました。

指点字とは盲ろう者に(文字)情報を伝える手段の一つです。 日本語指点字は両手6本の指を使い文字を表すそうです。

ウェアラブルキーボード「Tap」は私が以前考えたアイディアをかなりそのまま再現した製品に思えます。 片手5本の指で入力できるようです。

新しい入力デバイスがどんどん開発されてほしいですね。